パーキンソン病の症状

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病治療をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗



パーキンソン病の症状
パーキンソン病を疑うきっかけになるのは、「なんとなく片側の手や足にふるえを感じる」「体の動きがのろくぎこちなくなった」「歩くスピードが以前より遅くなった」場合などです。これらの症状が出るかなり前から便秘ぎみだった人や匂いを感じなくなっていた人が多いことも分っています。パーキンソン病は、ゆっくりと進行するために本人が自覚しにくい場合がありますので、周囲の「何か少し変なように感じる・・・」という観察もパーキンソン病の早期発見にはとても有効です。

パーキンソン病の症状は大きく分類して以下の4つです
@ 手や足がふるえる(振戦:しんせん)
「振戦」とは、ふるえのことです。体の片方から始まり、指から手、腕、脚、顎(あご)などにみられます。何もしていないリラックスした状態でみられるのが特徴的で、何かをしようとすると止まります。症状が進行するにしたがって震えの範囲が広がります。

A 動きがにぶる、遅くなる(無動)
「無動」とは、のろくぎこちない動作になることです。動き始めるのに時間がかかり、動く範囲も小さくなります。表情に変化がなくなったり、声が小さくなったり、字を書いているうちに小さくなっていったりします。パーキンソン病の歩き方は独特で、前かがみになって、顎がちょっと突き出し、歩幅が狭くなります。

B 筋肉がこわばる、固くなる(固縮)
「固縮」とは、手足の筋肉が硬くなり関節を曲げ伸ばしする時に強い抵抗を感じます。患者自身が感じることはあまりなく、第三者が患者の肘や手首をとって動かすと歯車を動かしているようなギシギシ、カクカクとした感触を受けます。

C 倒れやすくなる、バランスがとりづらくなる(姿勢反射障害)
「姿勢反射障害」は、バランスを崩しやすく体勢を立て直すことが困難になる状態です。通常の場合なら、何かの拍子にバランスを崩しても容易に姿勢を立て直すことが出来ますが、パーキンソン病の場合にはそれが出来ずにそのまま倒れたりします。歩いていると小走りになり自分の意志では止まらなくなったりします。

他の症状としては、便秘、排尿障害、睡眠障害、抑うつ、認知症などがあります。


パーキンソン病と上手に付き合う
パーキンソン病は、進行性で完治するという保証がない病気ですから、その症状を少しでも緩和してゆったりと明るく生活できるようにすることが大切です。
それには、薬だけに頼ることなく様々な治療方法や対処方法にトライすることが大切です。