パーキンソン病の診断

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病治療をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗

パーキンソン病の診断

パーキンソン病の診断には、神経内科の専門医の診察が必要です。
「パーキンソン症候群」と呼ばれるパーキンソン病にとても良く似た症状を起こす病態がありますので、これらの病気とパーキンソン病を鑑別するためにはしっかりした検査が必要になります。

「パーキンソン病症候群」には、
@ 向精神薬の内服などによる脳内ドーパミンの不足が原因の「薬剤性パーキンソン症候群」、
A パーキンソン病に比べてすくみ足や固縮が多く、安静時振戦は少ない脳血管障害が原因の「血管性パーキンソン症候群」
B 変性疾患を原因とする、四肢よりも体幹に強い固縮がある「進行性核上性麻痺」、「皮質基底核変性症」、「多系統萎縮症」
といったものがあります。
それぞれ発現する症状は良く似ていますが、パーキンソン病とは原因が違うので治療方法・対処方法は異なります。

診断方法には、
@ 採血検査
パーキンソン病は、血液検査では独特の異常は認められません。



A 頭部MRI


この検査では、パーキンソン病は正常でパーキンソン病以外の病気は独特の映像を映し出します。
B MIBG心筋シンチグラフィー
C 脳血流SPECT
これらの検査の結果を総合的に判断して、パーキンソン症候群などの病気なのかパーキンソン病なのかを診断します。