パーキンソン病の原因

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病治療をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗

パーキンソン病の原因

脳の指令を伝達するのは神経伝達物質と呼ばれるドーパミンです。ドーパミンは中脳の黒質内の神経細胞により作られるのですが、この細胞が減少して黒質の機能が低下するとそれにより作られるドーパミン量が減少します。すると脳の指令を充分に伝達することが出来なくなり、そのために体がスムーズに動かなくなるのです。

パーキンソン病は、神経伝達物質のドーパミン不足により引き起こされる病気ですが、突き詰めると、中脳の黒質内の神経細胞の減少が原因です。しかし、残念ながら現在のところその理由は明らかにされていません。また、パーキンソン病患者でなくても加齢とともに脳内のドーパミン量は減少するため、高齢化社会においてはドーパミン不足による体調の変化は避けて通れない問題になっています。

MENU