パーキンソン病薬

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗

パーキンソン病薬と対処法の研究

パーキンソン病は、根本的な原因が分っていないゆっくりとした進行性の難病です。しかし、あきらめないでください。その治療法や対処法は様々ありますので、病気の特性とあわせて充分に理解した上で上手にパーキンソン病と付き合っていくことができます。 ここではそれらを比較・紹介していますので、参考にしてパーキンソン病と上手に付き合い豊かな人生を過ごしていただきたいと思います。

パーキンソン病とは
人の体は脳の指令のもとに動きます。その指令がうまく伝わらなくなると体がスムーズに動かなくなります。これがパーキンソン病です。40歳以前に発症する若年性パーキンソン病もありますが、50〜60歳代で発症することが多く発生頻度の男女差はありません。そして、ゆっくりと進行します。 平成20年10月の厚生労働省の統計によれば、日本のパーキンソン病患者総数は13万9,000人です。

パーキンソン病は脳内のドーパミン量と深くかかわりのある病気で、それが20%を割り込むと発病すると言われています。脳内のドーパミン量は年齢を重ねるにつれて減少します。ドーパミンは薬で増やすことも可能です。パーキンソン病が脳内のドーパミン量と密接なかかわりがある病気である以上、高齢化が進む日本社会では患者数は年々増加すると予想されています。現在でさえ、潜在患者を含めると100万人規模ではないかと推測するパーキンソン病の専門医もいるくらいです。パーキンソン病は薬での治療ができる症状です。